ExpressVPN

ExpressVPNの安全性、料金、速度などの特長まとめ!

特長まとめ

数あるVPNの中でもExpressVPNは速度、安全性、ロケーション数など、どの要素を見ても頭一つ抜けているほど優れています。

この記事ではExpressVPNの具体的にどの部分が強いのか、特長、どんな人におすすめかなどを解説していきたいと思います。

ExpressVPNとは

ExpressVPNトップページ
設立 2009年
運営国 イギリス
サーバー設置国数 94ヵ国
サーバー数 3,000
対応環境 Windows、Android、macOS、iOS、Chromebook、ルーター、Linux、FireTV&KindleFire、AppleTV、XBox、Playstation4

ExpressVPNはイギリスバージン諸島が本拠地の、世界的に人気なVPNプロバイダです。
人気の理由としては「速い」「安全」「繋がりやすい」「ロケーション数が多い」といった、VPNを選ぶときに気になるポイント全てにおいて正解最高水準だからといえるでしょう。
対応デバイスも多く揃えられており、VPNにはめずらしいXBoxやPlaystation4などのゲーム機にも対応しています。

ExpressVPNの料金体系

ExpressVPN料金体系

12ヵ月プラン:$8.32 / 月
6ヵ月プラン:$9.99 / 月
1ヵ月プラン:$12.95 / 月

ExpressVPNは3つのプランを展開しています。
長期的な契約は月々の利用料金が安くなる仕組みなので、継続して契約する方は初めから長期契約がおすすめです。
単純に値段だけをみてみると、ExpressVPNは他のVPNに比べて少し高く、割引率が低くなっています。
しかし、その値段設定に見合う性能があると評価されていることから世界的に人気のあるプロバイダなのです。

ExpressVPNの特長とは

値段設定が少し高めになっていることは解説致しましたが、ExpressVPNの具体的な優れた機能をポイントごとに紹介していきます。

セキュリティレベルの高さ

ExpressVPNセキュリティについて

VPNはIPアドレスを隠して、VPNサーバーとの通信データを暗号化する仕組みでプライバシーが守られています。
その中でもExpressVPNは、アメリカ政府が採用している暗号規格と同じものを採用しており、ExpressVPNを使うことで国家機密情報と同レベルのセキュリティを誇るのです。
海外のフリーWi-FiでもExpressVPNを通すことで安全に接続することができるようになります。

通信ログを記録しない

ExpressVPNプライバシー

ExpressVPNはインターネット通信のログを記録しないので、例え政府機関から開示を求められても絶対に共有されてしまうことがありません。
もし登録時支払い方法をBitpay経由で支払ったとすると、完全匿名化にすることもできるのです。
安心した匿名のインターネット活動をしたいときには、ExpressVPNが最適な選択肢です。

非常に速い通信速度と安定性

ExpressVPN通信速度

ExpressVPNは世界最速のVPNとも言われています。
通信の速さは、海外からのデータダウンロード、動画コンテンツのストリーミング再生をメインで使う場合において一番重要視されるポイントです。
容量の大きいファイルでも、フル高画質再生でもExpressVPNであればストレスなく行うことができます。
また、ExpressVPNにはアプリ内でスピードテストをすることができ、そのときに繋がりやすいサーバー、速度が速いサーバーへ簡単に接続することができます。

サーバー設置国数が多い

ExpressVPNロケーション数

ExpressVPNのサーバーは世界94ヵ国に3000台以上設置されており、160のVPNサーバーロケーションから接続先を選ぶことができます。
設置台数が多いことからサーバーの混雑がほとんどなく、安定して接続をすることが可能となっています。
また、希望しているロケーションが無い場合、サイト内で直接設置をリクエストすることもできます。

 

ExpressVPN設置国

当然日本にもサーバーは設置されており、東京1~3のロケーションを選択することができます。
ネット規制が厳しい中国ではGoogleなどへのアクセスが規制されており、VPNが必須となっています。
ExpressVPNは中国でも安定した接続ができるところもポイントです。

サイト、アプリの完全日本語対応

他のVPNではサイト内は日本語で、いざ起動してみると英語表記しかできないというものも多いのですが、ExpressVPNはサイト内もアプリも全て日本語対応になっています。
単純にわかりやすいので、VPNが初めて、英語は嫌だという方には嬉しいポイントです。
例外として問い合わせやライブチャットは英語で書かないといけないので、Google翻訳などを使って送るようにしましょう。

ExpressVPNがおすすめな人

ここまでで紹介したExpressVPNの特長をまとめると以下のようになります。

・少し高いけど高機能
・国家機密レベルのセキュリティ
・通信ログを残さず共有しない
・安定した接続と世界最速の通信速度
・サーバー数、接続ロケーション数が多い
・完全日本語対応

VPNを選ぶときに気になるポイントは全て兼ね備えており、ExpressVPNはこんな人におすすめです。

・セキュリティ対策に長けているVPNがいい
・ログを残して欲しくない
・繋がりやすいやつがいい
・速い通信がいい
・色んなロケーションを使いたい
・日本語がいい

ExpressVPNの評判について

ExpressVPNの口コミや評判についてまとめた記事がありますのでこちらをご参照ください。

https://mabikino.com/reputation/reviews/

主に、速度の口コミ、繋がりやすさ、使ってみた感想などの意見をまとめています。
ExpressVPNはお試しで30日使うことができますが、違う環境で使っている人の口コミなどが気になる方は是非参考にしてみてください。

ExpressVPNの支払い方法について

ExpressVPN支払い方法

ExpressVPNが対応している支払い方法は豊富に用意されています。

・クレジットカード
・paypal
・ビットコイン
・Alipay
・Unionpay
・i deal
・Klarna
・webmoney
・giropay
・Interac
・mint
・Onecard
・SOFORT

よくネットで使われる支払い方法のほとんどが使えるので、支払い方法で困ることはなさそうですね。
実際に契約したときの支払い操作については、こちらをご参照ください。

https://mabikino.com/expressvpn/pay/

ExpressVPNを30日間無料で使う方法

ExpressVPN30日返金保証

ExpressVPNには、VPNでよくある「無料〇日トライアル」というものがない代わりに、30日返金保証がついてきます。
契約してから30日以内に解約すれば、実質無料で最大30日間全てのサービスを使うことができるので気になったら試しに使ってみるのがおすすめです。

無料で使う手順としては
①どのプランでもいいので契約
②30日以内に解約
③返金依頼
この手順を踏めば実質無料でトライアルができるのです。
返金について解説している記事はこちらをご参照ください。

https://mabikino.com/expressvpn/free/

ExpressVPNを中国で使う場合の注意点

※2019年11月最新情報
元々中国ではVPNに対する規制を敷いていましたが、2019年7月に起こったデモ以降更に規制が強まっています。
中国で使えなくなってしまったVPNもありますが、ExpressVPNは中国でも使うことができます。
中国で使うときの対策など、こちらの記事で解説しています。

https://mabikino.com/important/china/

まとめ

通信速度で最速を誇り、安定性もあるのでExpressVPNは間違いなく最高レベルのVPNです。
一番気になるのは価格面になってくると思うので、まずはVPNを使って何をしたいのか考えてから検討しましょう。
とりあえず30日間使ってみて、他のVPNと比べてみてもいいですね。